台湾にいったら運試ししよう。運がよければ、賞金と台湾の素敵な思い出がゲットできちゃいます。
『刮刮樂』について、陳小姐が優しく丁寧に説明しましす。♪♪♪



陳碧瑤小姐 2002/6/13


◎刮刮樂(吉時樂)ってどんなもの? 


刮刮樂(クアクアルー)、正式名は吉時樂(ジィシィルー)です。一枚は百元(NT.100)で購入できます。その場で削るスクラッチ式
のくじで、削って楽しいという意味に漢字名が「刮刮樂」で、現場であたって楽しいという意味に漢字名が「吉時樂」です。発音も
言いやすいです。十八歳未満は購入できません。最高賞金は発売されるくじの種類による、NT.三十万元、NT.八十万、NT.百万元
などがあります。一枚のくじにチャンスは二回、一回目の場所を削って外れても、二回目の場所を削ればまだ中る可能性があります。




刮刮樂(吉時樂)購入方法

台北銀行や街角で車椅子に乗った人が売っていることが多いです。一枚から何枚でも購入可能です。その場で削って当たれば、
台北銀行で換金できます。
 
(1) 木の上の葉で三カ所削って、同金額が揃えばその金額があたります。これを「刮六中三」といいます。

(2) (1)では外れたら、もう一度チャンスがあります。下の金袋でも一株木を削って出ると、NT.500元がもらえます。

(3) 『此區刮除無效』はここを削ったら無効という意味です。換金の時、台北銀行の識別番号です。

(4) 換金方法は、当選発表日から三ヶ月以内に当選券と身分証明書を台北銀行に持参すれば換金できます。

(5) もし、遊戯(1)と遊戯(2)、全部外れても、券を捨ててはいけません。『附獎』の抽選にも参加できますから。『附獎』の
   遊び方は「台湾レシート」の抽選法と同じです。台北銀行から番号を発表して、券の正面の九個数字の末の二個番号は
   発表番号と合うと,賞金NT.一百元がもらえます。2002年8月23日に【搖錢樹】の『附獎』を発表すると共に、第十五期の
   刮刮樂も発売します。

(6) 【第十四期:搖錢樹】の一等本数は十六本です。
 




刮刮樂(削る前)







刮刮樂(削った後)








まるごと台湾