台湾での結婚式の様子
Thanks to Ms Jill and Ms Nydia

国が変われば、結婚式・披露宴のやり方・考え方も様々ですよね。
台湾で披露宴に何度か出席しましたが、非常に楽でした。何が楽かといいますと、好きな時間にいって、好きな時間に帰れたからです。日本って、披露宴の時間ってキッチリまもるでしょう。でも、台湾では多少遅れて出席しても大丈夫だし、料理をさっさと食べて帰っても大丈夫。だから、台湾で結婚式にでることは好きです。
でもそれだけじゃありません。ちょっと台湾での結婚式をご紹介しましょう。


結婚式の当日は花火を鳴らしてお祝いします。

花嫁さんをお迎えする車は、ベンツやBMWが一般的で、2台・4台・6台
など偶数の車です。偶数は、ペアーという縁起をかついでいます。
花嫁さんを娶ります。
送迎車が新婦の家に到着したとき、男性がドアを上げ、新郎を下車させます。
新婦が車に乗った後、扇子を捨てなければ行けません。その扇子の意味は結婚前のわがままな心を象徴してい ます。結婚前の我侭を捨てるという意味です。
結婚式当日、新婦は誰よりも尊いですから、頭を空に見せることは出来ません。結婚式当日、一人の目上の女性が新婦のために、傘あるいは「竹篩」を持って、空を隠します。新婦と年配の方が幸せになるようにと。
お払いの儀式で、火鉢の上を跨ぎます。
新婦が新郎の家に入った後、新郎の祖先に対して、拝みます。
あまいスープ(ナツメと龍眼を入れた)を飲みます。早くあとづきを生まれることを意味します。
結婚式のお祝い金は赤い封筒に入れます。封筒のお祝い金は偶数でなければ行けません。中国の言い伝えで、お金があっても、なくても、年越し前に結婚した方が良いです。

ですから、毎年の年末に結婚する人が非常に多いです。もし、結婚招待状を受け取ると、サラリーマンの支出が増えます。ですから、台湾の人たちはこれを
「赤い爆弾を呼んでいます。お祝いは、友人ならNT1200-NT1600ほどが平均で、偶数にします。
披露宴用のテーブル
披露宴に出る人が新郎、新婦の記念写真がもらえます。
新郎、新婦と新郎、新婦の両親がみんなにお酒を勧めます。
新郎、新婦が身につけている金の装飾品は年配の方々が送ったもので、結婚式の当日に身につけなければいけません。以前、中国で多くの戦争が有り、一般の人々は金を買うことを好み、価値を維持する金を買うことを好みました。

今の多くの若者はダイヤモンドを買います。年配からもらった金の装飾品はほとんど結婚式当日しか身につけません。
披露宴が終わった後、新郎、新婦は出口でお客様にあめを渡して、お見送りをします。あめをもらったお客様が新郎、新婦に台湾語で、「甘いものを食べて、来年男の子をうみますように」と言います。
変身写真館で撮影した写真を使用した結婚式カード。