台湾の屋台の考察と紹介です。
■台湾の屋台の紹介。    陳碧瑤小姐
なじみの屋台の魅力:

台湾に遊びに来る観光客がよく話すの中には、多分屋台の事に入っているでしょう。つまり、もう既に観光名所の一つになっているのですと言っても過言ではないでしょう。外国人のみならず、地元民のわれわれの間でも、ある休日の夜、家族何人か、或は、知人、クラスメート連れで、わざと遠くにある屋台へ食べに、遊びに、勉学に行く話がしばしば出てきます。

▲  夜市の大変な人込み 多くの人に利用されている最大の理由としては、屋台の安さ、美味しさにほかに気軽に楽しめることなどがあげられます。何と言っても、活気に溢れていることが人の目を引くのではないでしょうか。日常生活の中で、あんなに人が集まっている所は、滅多にない光景であり、自分自身が屋台に入ると、急にわくわくしてきて、何となくと仕事や勉強などからのストレス、悩み寂しさが消えてしまい、この社会が動いでいることや、人間の存在感がたっぷり味わえることが一番の魅力ではないでしょうか。

いっばい人が寄り集まることと仮設の店が多いことによる混雑は、環境改善を担当している役人達を悩ませて、なかなか屋台美観や清潔さを両立させるのは困難であることがすぐわかります。特に屋台の周辺に住んでいる人達は如何思っているのでしょうか。車の出入りの時の不便、騒がしさ、それに料理から出る臭い、自分が屋台の持ち主でない限り、多分そこを引越すこともあり得ることでしょう。

夜市の見物の楽しみ

夜市は伝統を継承するだけではなくて、不同の利益団体(国家、マスコミ、資本家。商店の主人、屋台、消費者を含む)互いの自身の利益と価値観を影響した結果です。一方、夜市は市街区の美観と経済秩序を破壊する「都市の癌」を描かれます。もう一方、文化と伝統と認められ、台湾の代表的な文化として存在しています。我が国はよく夜市の見物に行くことを下品、野粗を認めますが、夜市は地本の庶民文化の雰囲気が溢れています。そういう訳で、夜市の地位と形象はいつも合法/非法、正当/不正当、現代/落後、伝統/下品の両者の間に立っています。この不確定性こそだから、夜市の雑然はよく責められますが、人々に独特な楽しみを齎すかもしれません。

夜市は都市の癌?

 台湾社会の「現代化」の意識の中で、夜市は落後の表徴です。夜市の雑然感、混沌感は現代化の秩序と清潔と格別の相違がありますが、夜市を現代的な観光夜市に転化すると、夜市の独別の特色と魅力が失いました。恐らく夜市の雑然、混沌、統一がないからこそ、「夜市を見物すること」は台湾の一番人気の夜間活動になるでしょう。でも、夜市の地下経済は現代国家管理と資本主義との対立、合法的な商家との間の競争だから、いつも、政府の厳しい取締りを受けます。それでも、夜市は国民の消費能力が促せますので、夜市は台湾の経済で重要なキャラクターを演じます。夜市の衛生や交通問題は市街区の美観を損なう可能性がありますけど、夜市の問題の範囲は広いですから、厳しい取り締まりだけで、完全に解決できません。夜市は都市の癌ですか?現代社会の価値観から見れば、確かにそうですが、歴史の角度から見れば、夜市は台湾文化と政治と経済の自然な産物で、少数の屋台の個人的な非法の経済活動であるわけではない。

確かに庶民生活に深く繋がっている屋台がなくなると、夜の散策に困る人が必ず出てきます。先ず、屋台の常連客が大いに反発するに違いありません。このグルメたちは、屋台での食事の目の前で行われる板前の手さばきや、注文取り次第、作る料理を楽しむほか、自分でも其れを真似して、家でしめすという食事に興味を持つような達なのです。如何にして、周辺への影響を最小限に押えるのかは、今まで誰にも解決できなかったことなので、今からさき、誰かが万全の方策を考え出したら、次回の経済学のノーベル賞を獲得しかねないと思われます。

台湾の夜市:

台湾の夜市は全国に散らばりますから、私は詳しく説明できません。そういう訳で、「旅目写真帳」このネットを紹介しようと思います。アドレスは『http://www.ne.jp/asahi/k-murata/travel/』です。このアドレスの中で、とても詳しい紹介がありますから、台湾の夜市について情報がゲットできると思います。


夜市の特別な名物:

1.割包(ケ パオ)


割包」という食べ物は中華饅頭に香菜や酸菜(台湾の独特な野菜)や台湾ならではの角煮やビーナッツ粉や独特な食材などを挟む食べ物です。台湾人に凄く親しまれている人気の料理です。「割包」はどこの屋台でもよく見かけてる台湾料理です。一番有名な「割包」は 台北の通化街夜市の石家割包です。石家の割包は数多くの雑誌や新聞やTV番組の載せられるほか、経営者は1999年度の台湾経営人物の一人と評価されているほどの人物です。「石家割包」は現在、台北に6つの支店を持っており、いつもたくさんの人々の愛されつづけている名店の名店である。機会があったら、ぜひ試してください。

本店の電話:02-2738-1773

支店の電話:東湖店02-2633-6384 民生西店02-2553-9953 萬華店02-2336-2290
          民生東店02-2541-3833 永和店02-2232-8852


2.碗?(ワン クエイ)

                               ▲美味しいの碗?&豆菜?

「碗?」というのは蒸したひき米に似たものです。お碗の中にひき米と肉とシイタケと香辛料などの材料を入れて蒸します。蒸しあがったら、独特な甘辛いソースをかけると、美味しい碗?が出来あがりです。台湾のどこでもよく見られる料理です。お薦め店は台北の遼寧街夜市の唐山碗?の碗?の味はとても独特です。碗?料理を満喫したければ、この店を是非お勧めです。 電話番号:02-27512085


3.鶏排(チ パイ)
▲二種の鶏排
鶏排は鶏の胸の部分の特製の鶏肉に麦粉をつけて油で揚げた揚げ物です。麦粉をつけて揚げたから、表面はカリカリに揚げるが、中は軟らかくてぷりっと美味しい肉質です。確かにお薦め一品です。でも、台湾では看板に「?排」が書いていますが、?排だけ売っていなくて、ほかの食材も売っています。色々な食材を選んで揚げていただく料理も一番人気です。それで、自分で見ながら選んで調理してもらうスタイルの店はずです。お薦め店は台中のの逢甲大学の近くの「逢甲夜市」の「好大鶏排」です。

左は照燒味の鶏排;右は元の味の鶏排


4.米粉(ビーフン)
米から作ったビ−フンは簡単で健康の台湾料理です。独特の触感と甘みで、台湾のどこでもビーフンが見られます。違い具で色々な風味のビーフンが作られる。例えば、焼きビーフン、ビーフスープ、揚げ豆腐ビーフンなど、色々な食べ方がありますから、昼も食べられるし、夜も食べられるし、いつでも食べられる料理ですから、これはビ−フンの魅力だと思います。お薦めは焼きビーフンです。スープンはありませんけど、ビーフンを焼き過程はソースを使って焼きますから、もうソースの汁を吸い込んで、味も吸い込みました。絶対しっかりして美味しい一品です。ビーフンは台湾庶民の味だけではなくで、台湾ママの味です。台湾一のビーフンは「新竹」出産のビーフンです。何故ですか?それはビーフを乾燥の過程は完全に風で干して、強い太陽や人工の方法で干させません。その方法で作ったビーフンはしっかりして汁も吸い込みやすいです。新竹の古称は「風城」です。意味は「風が強い町」ですから、ビーフを作るの最適な所です。そういうわけで、新竹のビ−フンは台湾一のビーフンです。もし新竹へ来れば、是非ビーフンを食べてみてください。


▲揚げ豆腐ビーフン                                                  

▲ビーフン羹

▲ビーフンスープ                
 ▲色んな具を入れたビーフン羹


5.色んなデザート

私はもっちりとしてQQ(キュウキュウ。歯ごたえのある、弾力のある、の意味)した食感の冷たい台湾デザートが大好きです。日本の氷より少し粗めに削いだ氷の上に色んな具をのせてから、黒蜜をかけたかき氷を食べると、夏の暑気すぐに払えます。だから、美味しい台湾デザートお紹介致したいです。

(1)     粉圓(へん ユアン)

珍珠ナイ茶の珍珠と呼ばれるものは、台湾では「粉圓」と言います。台湾人は粉圓を珍珠ナイ茶の珍珠として飲む以外、かき氷の上に載せて食べるのも好きです。

2)     豆花(ド ハ)

豆花は黄豆で作った豆腐みたいなデザートで、とてもあっさりしてて美味しいです。大粒プラックダピオカや茹で緑豆や茹でピーナッツなど、なんか盛ってあって、楽しいデザートです。


(3)芋圓(ュ ユアン)、地瓜圓(デ グ ユアン)

芋圓はタロイモ団子で、地瓜圓はサツマイモで作った団子です。食べると歯ごたえもある、弾力もある食感がたまらなく美味しいです。


    ▲芋圓                                                                  

地瓜圓

(1)     色んなフルーツ氷

これは季節向きの色々なフルーツを生かす一品です。フルーツの上にコンデンスミルクやアイスクリームなどをかけて食べて、とても涼しい感じです。



(2)     緑豆湯(氷)、紅豆湯(氷)

これは台湾ではよく見える台湾デザートです。「湯」というのは日本語のスープで、「紅豆湯」は日本のお汁粉のようなものです。冬、涼しいデザートを甘くて暖かいスープになって食べて、一番幸せです。


▲緑豆氷              

▲小豆氷           

小豆緑豆湯


6)その他のデザート

お薦め店は「東區粉圓」です。

住所:台北市忠孝東路四段216巷3號

電話番号:02-2777-2057

ファクス:02-2777-2056

開店時間:AM11:00-PM11:00 全年無休

値段:45元。冷、熱両者もある


「写真由来:台湾の時報周刊-NO.1228、NO.1232;写真者:張明偉さん、邱以苹さん、・建華さん、
金石さん、林芸さん、陳偲宜さん」
まるごと台湾